Minecraft Japan Communityを発足しました!

日本向けのMinecraftのコミュニティーサーバーをDiscordにて立ち上げました。
ご参加お待ちしております。

参加はこちらから!

【Java版】MinecraftのCraftBukkit/Spigotの違い

Spigot ロゴCraftBukkit

Minecraftのサーバーを動かす場合、公式のサーバー(バニラサーバー)を選択する方が多くいますが、大勢のプレイヤーと一緒に遊ぶ場合はサーバーを拡張して追加の要素を楽しんだり、荒らしプレイヤーの対策をしたり…自分のサーバーに色付けをしたくなると思います。

その中でCraftBukkitやSpigotといったサーバーを耳にしたことがあると思います。

こに記事ではCraftBukkit/Spigotを理解したい方向けに解説します。

スポンサーリンク

Minecraft公式サーバー

CraftBukkit/Spigotを解説していく前に公式サーバーを解説します。

Minecraft公式サーバーは公式が提供するサーバーで、何も手を加えられていない素のサーバーということでバニラサーバーと表現されることが多いです。

身内だけで楽しみたい場合に最適です。

スポンサーリンク

CraftBukkit

CraftBukkitとはBukkitと略されることもありますが、Bukkitは開発者用APIを指します。

詳しくは【Minecraft】BukkitとCraftBukkitの違い のページにて紹介しています。

CraftBukkitは便利な開発者用APIを提供しており、様々な開発者がプラグインをリリースしています。

拡張性が非常に高く頻繁にメンテナンスが行われておりコミュニティーも大きいため現在も多くのユーザーが利用しているサーバーMODです。

Minecraftのバージョンに依存する仕様をBukkit APIが吸収し、プラグインがバージョンに依存しないように設計できるため数世代前のプラグインが現役で利用できることも特徴です。

スポンサーリンク

Spigot

SpigotはCraftBukkitを拡張したもので、パフォーマンス向上が見込まれるサーバーMODです。

Spigotサーバーを起動すると、spigot.ymlという設定ファイルが生成され、CraftBukkitでは設定できなかった詳細な設定が可能になります。
例えばドロップしたアイテムが消えるまでの時間を短くすることでサーバーの負荷を減らすことが見込めます。

CraftBukkitの拡張であるため、リリースはCraftBukkitの後になり若干リリースが遅れます。

Spigot APIを使用していない限りプラグインはCraftBukkitと互換性があります。
Bukkitで作成した一部プラグインSpigotサーバーで動作しない場合があるとのことですが、その状況に出くわしたことはありません。


他にもサーバーMODはありますが、ここでは一番メジャーなサーバーMODを紹介しました。

CraftBukkitやSpigotで自分色にサーバーを構成していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました