Minecraft Japan Communityを発足しました!

日本向けのMinecraftのコミュニティーサーバーをDiscordにて立ち上げました。
ご参加お待ちしております。

参加はこちらから!

Minecraft 1.18 実験的なスナップショットを導入する方法

Java Edition (Java版)

Minecraft 1.18に向けた実験的なスナップショット(Experimental Snapshot)と呼ばれるMinecraftがリリースされました。

実験的なスナップショットなどのリリース名称については下記の記事で紹介しています。

このリリースはMinecraft Java Editionで利用できるオプションのスナップショットで、特別な操作を実施しない限り利用ができません。

スポンサーリンク

実験的なスナップショットのセットアップ

実験的スナップショットのデータをダウンロード

実験的なスナップショットはランチャーが読み込むデータフォルダに公式が提供するデータを設置することで遊ぶことができるものです。

まずは下記より実験的なスナップショットのデータをダウンロードしましょう。

リリース名リリース日ダウンロードアップデート内容
Java Edition 1.18 Experimental Snapshot 12021年7月13日ダウンロードReddit
Java Edition 1.18 Experimental Snapshot 22021年7月20日ダウンロードReddit
Java Edition 1.18 Experimental Snapshot 32021年8月10日ダウンロードReddit
Java Edition 1.18 Experimental Snapshot 42021年8月17日ダウンロードReddit
Java Edition 1.18 Experimental Snapshot 52021年8月25日ダウンロードReddit
Java Edition 1.18 Experimental Snapshot 62021年9月1日ダウンロードReddit
Java Edition 1.18 Experimental Snapshot 72021年9月8日ダウンロードReddit
実験的なスナップショットのダウンロード先

Minecraftのインストール先を開く

Minecraftがデフォルトでインストールされる先は下記の通りです。

OS名インストールディレクトリを開く方法
WindowsWindowキー+Rで「%appdata%\.minecraft」と入力後、OKをクリックする
Mac OS X移動メニューでフォルダへ移動を選択後、「~/Library/Application Support/minecraft」を指定する
Linux「~/.minecraft」または「/home/<PC名>/.minecraft/」へ移動
Minecraftがデフォルトでインストールされているフォルダ

ダウンロードした実験的なスナップショットを設置

Java Edition 1.18 Experimental Snapshot 1 を基準に解説します。

その他バージョンの際は適時読み替えてください。

「1.18_experimental-snapshot-1.zip」を展開し、「1.18_experimental-snapshot-1」フォルダの中に「1_18_experimental-snapshot-1.json」が入っていることを確認します。

続いてMinecraftがインストールされたディレクトリの「.minecraft/versions/」フォルダ内に 「1.18_experimental-snapshot-1」フォルダ をそのまま設置します。

設置しましたら下記のようなフォルダ構成になっているか確認しましょう。

Java Edition 1.18 Experimental Snapshot 1の場合におけるフォルダ構成
Java Edition 1.18 Experimental Snapshot 1の場合におけるフォルダ構成

フォルダ名の「1.18_experimental-snapshot-1」 は変更可能ですが、変更した際は必ずjsonファイル側の名称も同一にする必要があります

ランチャーで起動構成を編集

ランチャーを起動し、画面上部の「起動構成」をクリックします。

Minecraft Java Editionのゲームランチャー画面
Minecraft Java Editionのゲームランチャー画面

続いて右上あたりにあるMOD導入済み」に必ずチェックマークを付けてから左側あたりにあるNew installation」を選択します。

Minecraft ランチャーの起動構成画面
Minecraft ランチャーの起動構成画面

起動構成の作成画面で「バージョン」欄にて「pending 1.18_experimental-snapshot-1」を選択し、最後に作成を選択します。

名前は分かりやすい名称を設定してください。今回は「実験的なスナップショット 1.18」に設定しました。

Minecraft ランチャーの起動構成を作成
Minecraft ランチャーの起動構成を作成

「pending 1.18_experimental-snapshot-1」が表示されない場合は下記のことを確認しましょう。

  • フォルダ構成は正しいか
  • フォルダ名とjsonファイル名は同一か
  • ランチャーは再起動したか

ゲームを起動してみる

「プレイ」タブをクリックして最初の画面に戻り、左下の起動構成変更欄で先ほど作成した起動構成を選択します。

今回は「実験的なスナップショット 1.18」の起動構成を作成したのでこれを選択します。

Minecraft ランチャーの初期画面

次のようなメッセージがポップアップで表示されることがありますが、これはForgeなどのMODを導入した際にも表示される警告文です。

今回は公式より提供されているファイルを使用していますので無視します。

こちらの起動構成は変更されており、ゲーム内のプレイヤーに対する安全保障がない可能性があります。

Minecraft ランチャー

「プレイ」をクリックすると別の警告文が表示されることがありますが、こちらも気にせず「プレイ」を選択してください。

変更されたMinecraft: Java Editionの起動構成でプレイしようとしています。ゲーム内のプレイヤーに対する補償がない可能性があります。

これらの機能を利用するには、最新版のMinecraft: Java EditionをMODなしでプレイしてください。プレイヤーの安全機能についての詳細を読む↗

□危険性を理解し、この起動構成について二度と警告しない。

Minecraft ランチャー
MOD導入済みの起動構成を使用した場合の警告文
MOD導入済みの起動構成を使用した場合の警告文

Minecraft 1.18 Experimental Snapshot 1が起動しましたら作業は完了です。

Minecraft 1.18 Experimental Snapshot
Minecraft 1.18 Experimental Snapshot
スポンサーリンク

サーバーをダウンロードする

Experimental Snapshotでもサーバーをランチャーよりダウンロードすることが可能です。

詳細は下記記事をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました