Minecraft Japan Communityを発足しました!参加はこちらから!!

Minecraft 1.18.1 リリース情報|霧の描画方法変更とセキュリティアップデート

Minecraft 1.18 洞窟&崖アップデート パートⅡ

2021年12月10日公開のMinecraft 1.18.1(洞窟&崖アップデート 第2弾)は霧の描画方法変更といくつかのバグが修正されたリリースです。

最も重要なアップデートは特にマルチプレイにおいてチャット等からLinuxやWindowsなどのOSを制御できるLig4Shellと呼ばれるセキュリティ問題が解決された点です。

Java Edition 1.18.1はランチャーでは1.18.1と表記されています。

リリース概要

リリース名Java_Edition_1.18.1
エディションJava Edition (Java版)
種類リリース
リリース日2021年12月10日
親バージョン1.18.1
プロトコルバージョン757
データバージョン2865

変更

霧(フォグ/fog)

  • ワールドの描画される境目あたりで表現される霧が一部変更されました。
  • Minecraft 1.18までは霧が球体で表現されていましたが、本バージョンからは円筒で表現されるようになりました。

実際に体験すると非常に大きな違いに気が付くと思います。

近距離でも自己位置よりも高いものまたは低いものを見ようとしたときに描画距離が非常に広く感じます。

対物距離を長くすると描画の違いは顕著で、1.18だとほとんど見えない地形が1.18.1だと鮮明に見ることができます。

修正

1.18より前のバグ

  • MC-152198 – 描画距離の設定より実際に描画される距離が2チャンク狭い
  • MC-219507 – ワールドリロード時にビーコンのパワーが以前のものに戻る

1.18からのバグ

  • MC-242729 – /clone コマンドが原因で起動するはずのないオブザーバーが起動する
  • MC-243216 – サーバーにおいてチャンクの描画が1.17.1よりも短い
  • MC-243253 – Minecraft Realms の画面ロードが長い
  • MC-243796 – サーバーコンソールで次のエラーが表示される場合がある: Failed to store chunk ConcurrentModificationException.

その他

  • 低帯域の回線でサーバーに接続すると、タイムアウトエラーが発生する不具合を修正
  • ゲーム内メッセージ等からリモートコードが実行できる問題を修正