Minecraft Japan Communityを発足しました!

日本向けのMinecraftのコミュニティーサーバーをDiscordにて立ち上げました。
ご参加お待ちしております。

参加はこちらから!

WindowsにJava16をダウンロード&インストールする方法

Java Edition (Java版)

Minecraft 1.17はスナップショット版でJava8からJava16へ開発環境が移行されました。

これに伴い通常のゲームをプレイする方、ForgeやFabric、CraftBukkit、Spigot、PaperなどMOD、プラグインを開発する方は移行が必要です。

初っ端から分からない単語が羅列されている方は下記もご覧ください。

さて話を戻しまして、Minecraftをプレイするユーザーも理由が無ければゲームの推奨環境を使用すべきです。

この記事ではMinecraft 1.17の推奨環境になるJava 16をインストールして動作チェックまでを紹介します。

スポンサーリンク

ダウンロード

商用利用を予定していない場合はOracleのJDKをご利用ください

Java SE Development Kit 16 - Downloads
Download JDK 16, a development environment for building applications and components using the Java programming language.

この記事ではOracle JDKをインストールする方法を紹介しますが、商用利用の場合はOpen JDKを使用ください。

JDK 16.0.1 GA Release

ダウンロードページにて使用しているOSに応じたファイルを選択します。

基本的には「インストーラー」と書かれたファイルを選択することになると思います。

Windowsの場合は「Windowsx64インストーラー」をダウンロードします。

ダウンロード前に使用許諾を求められることがあります。

画面の指示に従いダウンロードを継続ください。

スポンサーリンク

インストール

ダウンロードしたファイルを起動しセットアップを開始します。

画面に従いインストールを進めるだけで問題ありません。

はじめの画面は次へをクリックして進めます。

セットアップウィザード最初の画面
kき

続いてインストール先を指定する画面が起動します。

インストール先は変更の必要はありません。

次へをクリックするとインストールが開始されます。

Java16のインストール先を指定

インストールが開始され数秒から数分でインストールが完了します。

記憶媒体がSSDと呼ばれるものを使用している場合は十数秒で終わると思います。

Java16のインストールステイタス

最後に閉じるをクリックするとインストール完了です。

Java16インストール完了
スポンサーリンク

確認

ゲームを起動しF3キーを押下するとデバッグ画面が表示されます。

右上にJava 16.0.1 64bitと表示されていますのでJava16が正常にインストールされていることが分かります。

またMinecraftの場合はJava8とJava16がインストールされていてもJava16を使用されることが動作検証で分かりました。

しかしJavaのインストールをした後は理由が無ければ古いJavaをアンインストールしておくことをおすすめします。

推奨環境を使用した清い環境でMinecraftを楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました