Minecraft Japan Communityを発足しました!

日本向けのMinecraftのコミュニティーサーバーをDiscordにて立ち上げました。
ご参加お待ちしております。

参加はこちらから!

ターゲットブロックを使ってランダムな強度のRS信号を得る

Minecraft

Minecraft 1.16 ネザーアップデートで追加されたターゲットブロックを使ってレッドストーン信号をランダムに得る方法を紹介します。

この記事は Minecraft 1.16 以降のゲームでのみ対応した手法です。

スポンサーリンク

作り方

必要なもの

どんなものを作りたいかで必要な物資は異なります。
ここでは最低限必要なものを紹介しています。

ブロック名・アイテム名 等数量備考
ターゲット1信号強度をランダムに発生させるために使用
ディスペンサー1弓矢を発射させるのに必要
弓矢必要な分だけ信号を発生させる回数分必要
ボタンなどの信号発信元1ディスペンサーを動作させるために使用
レッドストーンダスト等必要な分だけ回路を組むために使用
必要物資

外観

非常にシンプルな構造です。
ターゲットブロックの上部にディスペンサー(下向き)を設置して弓矢を発射させるだけです。

ターゲットブロックを使ってランダムな強度のRS信号を得る例
装置の外観

動作

ターゲットブロックは中心に近いところに弓矢などが衝突すると一時的なレッドストーン信号を発信します。

信号強度は1~15で、レッドストーン回路の動作を信号強度に応じて行えば良いのです。

例えばターゲットブロックから10ブロック離れた場所にレッドストーンリピーターを設置すれば、信号強度が10以上の時にドアを開けるなどもできます。

ターゲットブロックを用いたドアの開閉装置の例
ターゲットブロックを用いたドアの開閉装置例

ランダム性

ターゲットブロックとディスペンサーの距離を調整するとランダム性が可変します。

遠くにすればするほど拡散しやすくなり、近ければ近いほど中心へ隔たりやすくなります。

また遠いほどターゲットブロックに当たらないこともあるので信号を発信させたくない場合は遠くに設置しても良いかもしれません。

ターゲットブロックを使ってランダムな強度のRS信号を得る例
ディスペンサーの発散を利用してランダム性を調整
スポンサーリンク

ターゲットブロックの詳細

ターゲットブロックのレシピなど詳しい説明はこちらのページを御覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました